コーヒーは飲むタイミングに気を付ける【空腹時はNG】 [摂りすぎてはいけない成分]

蓄膿症に限ったことではないのですが、

空腹時にコーヒーを飲むと、胃にとってあまりよくありません




ちなみに、私はコーヒーが大好きです。




だから、上手に付き合っていくためにも、飲むタイミングに気を付けています。





他の記事でも書いていますが、

私は蓄膿症になるまえと、慢性化しているとき、

よくコーヒーを飲んでいました。




あの香ばしい味と、匂いが大好きなんですね~。^^




でも、私の飲み方には問題がありました。




ほぼ、水分代わりに飲んでいた時期もあったので
きっと胃にはかなり負担をかけていたんだと思います。




コーヒーには、知っての通りカフェインが含まれています。




カフェインは主に、脳神経に作用するもので、

眠気に効果のある覚せい作用、脳細動脈収縮作用、利尿作用などが
上げられます。(※ウィキペディア参照)




そして、ほかに、

胃酸の分泌にかかわるのある成分の濃度を上昇させることから

胃が悪くなる、とも言われています。




つまり、胃の粘膜を荒らしてしまうようです。





ですから、空腹時にコーヒーを飲むことは控えたほうがよいでしょう。





胃を荒らすことは蓄膿症にとってもよくありませんよね。




いまでは一日1杯程度、

友達が遊びにきたときは、1日3杯、と多くなってしまいますが

カフェインのとり過ぎには気を付けています。






ちなみに、コーヒーは、インスタントと豆挽きのものとでは
カフェインの量が違うみたいです。

※詳しくはウィキペディアのカフェインをご覧ください。





最近はインスタントコーヒーを飲んでいたので
この情報を知った時は、ホッとしました。^^;





飲むと、ホッとするコーヒー。




自分への頑張ったご褒美に、

一日1回、黒糖と一緒に飲んでいます♪♪




うまく付き合っていきたいですね!




胃の弱い方は特に、

空腹時の摂取は控えたほうが良いでしょう。










この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます