便秘改善には『食物繊維、乳酸菌、オリゴ糖、オリーブオイル』 [ ●便秘改善のための食品]

便秘改善のためには、
マッサージや運動に加え、
下記の食品を取り入れると効果的です。


※ひどい便秘の方は、
 強制的に排便させる方法を参考にしてみてください。
    ⇒(http://ninsintikunou.blog.so-net.ne.jp/2014-11-28-1




便秘改善にはとてもありきたりな食品ばかりですが、
どれも便秘にとっては良い働きをしてくれます。



とはいっても全部試すのは難しいので、
まずは家にあるものから試してみてはいかかでしょうか?^^



具体的にどのような働きをしてくれるのか、
簡単にまとめましたので参考にしてみてください。



まずは食物繊維。



食物繊維の働き



・食物繊維には水溶性食物繊維不溶性食物繊維があります。

 水溶性食物繊維(※水に溶ける)は水分を保持しながら

 他の消化物と混ざり合いながらどろどろねばねばになりながら
 腸壁を刺激し、蠕動運動を促します。
 

 
不溶性食物繊維(水に溶けない)は水分を吸収し膨張します

 膨張した分、便自体が大きくなるので
 蠕動運動を促すのです。
  
 
 
 おすすめのレシピは、フルーツグラノーラのヨーグルトがけです。美味しいですよ♪

 

   
(サプリで食物繊維を摂取したい方はこちらがおすすめです。)
      ↓
モリンガの小粒


 






乳酸菌の働き


・乳酸菌には腸の働きを整えて、悪玉菌の働きを抑える働きが
あります。


 人の腸内には善玉菌と悪玉菌、腸内環境によって悪玉にも
 善玉にもなる菌と合わせて100種類以上もの菌が生息しています。


 便秘気味だと腸内腐敗が進み、悪玉菌が増えてしまうので
 蓄膿症予防のためにもぜひ取り入れたいのが善玉菌である
 乳酸菌です。


 代表的なものではヨーグルト。


 美味しいし食べやすいので普段から摂取したい食品です。



 シリアルにヨーグルトはまさに黄金コンビですね(笑)





オリゴ糖の働き


・オリゴ糖は上記で取り上げた乳酸菌の一種である
 ビフィズス菌の餌となることにより、
 ビフィズス菌を増やすことが期待できるのです。

 ですから、ビフィズス菌入りヨーグルトに混ぜて食べると
 より効果が期待できちゃいます。




そして最後はオリーブオイル。





オリーブオイルの働き




・オリーブオイルを摂取することにより、オレイン酸が
 腸壁を刺激してくれる作用があるといわれています。


 また、大腸へいき、
 便と混ざりあってなめらかな便となり、
 排便されやすくなります。

 
 目安として大匙1杯くらいを摂取するのが良いそうです。


 抵抗のある方もいると思いますが、
 オレイン酸は動脈硬化などの予防(悪玉コレステロールを減らす)
 にもなったり、体内で酸化しにくいので、
 健康にも良いんですよ^^


 

 参考までに、
 便が長期間停滞しすぎてベトベト便になってしまう方や、
 便意はあるのになかなかひっかかってでてこない方に
 オリーブオイルはおすすめです。








以上、おすすめの4つの食品をご紹介しましたが、
便秘の状態がひどいとこれだけに頼っても出ません。



場合によっては強制的に排便させる方法と
併用して行うことで徐々に改善されていきます。


 

つまり、上から摂取するだけでなく、
下からも少しずつでも出していかないと
便秘はひどくなり、硬いどころか今度は粘土のようにベトベトになり
さらに出なくなっていきます・・・。(体験済みです・・)



文頭にも書きましたが、
下から(強制的に出す)の対策については
カテゴリから強制的に排便させるには?をご覧ください。







 
 

 




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます