強制的に排便させる方法2 『直接指を入れる』 [ ●強制的に排便させるには?]

これは、薬(下剤や座薬)に頼りたくない方におすすめです。


指を肛門に直接入れて刺激する方法なので、
わりと即効性があります。



もちろん、指なので
便秘の座薬のように有効成分の働きはありませんが、
指を入れることによって身体が出そうとするので
排便したい感が徐々に強まってきます。




食後の胃腸が動いている時にやると
より期待できますよ!




指は座薬の長さくらい入れます。



事前に手にはゴム手袋をはめて
ベビーオイルを塗っておくことを忘れずに^^



抵抗のある方は細い小指から試してみると良いと思いますよ!



ただ入れるだけでなく、
少しマッサージするように優しく動かすと
より排便したい感が強まります!




これで出なければ、摘便のプロである肛門科に相談してみると
良いと思いますよ。



※慣れていないのに自分で摘便をしようとして
 傷つけてしまうこともあるので、注意が必要です。
 (私の父はこれで痔になってしまったので[あせあせ(飛び散る汗)]




このような方法は癖になっちゃうのでは??


と心配になることもありますが、

ひどい便秘の時はとにかく下から出さないと
どんどん硬くなってしまうので、余計に排便しずらく
なってしまいます・・・・。



なので、
私が便秘がひどかった時は、

例えば1週間でなかったら、
硬い便を出し切るまで強制的な方法を毎日行い(座薬や指など)

便秘に良い食品もとりつつ自然に近い排便リズムに
していくことを心がけました。




そりゃあ波はありますが、
徐々に排便リズムが整っていきます。




下剤はそれこそ癖になりやすく、
下剤に頼らないと出なくなってしまうので、
気を付けなければなりません。



医者にも、下剤は最後の手段だ、
と言われたことがあります。




長年常用してしまうと胃腸に負担がかかり、
腸壁も黒ずんでくるんだといっていました・・・。




恐いですよね・・・・。




そんなわけで私は一番安心な指をよく使います(笑)





蓄膿症を改善するためにも、
少しでも早く便秘が解消されると良いですね!









この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます