強制的に排便したい時に有効な方法 [ ●強制的に排便させるには?]

この記事では強制的に排便したい時に有効な方法を
ご紹介します。



前の記事でも記述したとおり、
これだけに頼らず、便秘によい食品をとりつつ
時には強制的な方法も併用していくことで
自然な排便のリズムが整っていくので、

身体のためにもひとつの方法だけに頼るのは
やめたほうが良いでしょう。



では早速、
強制的に排便させる方法についてです^^




それぞれの方法が書いていくうちに長くなってしまったので、
個別ページを作りました。



良かったら参考にしてみてくださいね!



強制的に排便させる方法1『座薬』

強制的に排便させる方法2『直接指を入れる』













強制的に排便させる方法2 『直接指を入れる』 [ ●強制的に排便させるには?]

これは、薬(下剤や座薬)に頼りたくない方におすすめです。


指を肛門に直接入れて刺激する方法なので、
わりと即効性があります。



もちろん、指なので
便秘の座薬のように有効成分の働きはありませんが、
指を入れることによって身体が出そうとするので
排便したい感が徐々に強まってきます。




食後の胃腸が動いている時にやると
より期待できますよ!




指は座薬の長さくらい入れます。



事前に手にはゴム手袋をはめて
ベビーオイルを塗っておくことを忘れずに^^



抵抗のある方は細い小指から試してみると良いと思いますよ!



ただ入れるだけでなく、
少しマッサージするように優しく動かすと
より排便したい感が強まります!




これで出なければ、摘便のプロである肛門科に相談してみると
良いと思いますよ。



※慣れていないのに自分で摘便をしようとして
 傷つけてしまうこともあるので、注意が必要です。
 (私の父はこれで痔になってしまったので[あせあせ(飛び散る汗)]




このような方法は癖になっちゃうのでは??


と心配になることもありますが、

ひどい便秘の時はとにかく下から出さないと
どんどん硬くなってしまうので、余計に排便しずらく
なってしまいます・・・・。



なので、
私が便秘がひどかった時は、

例えば1週間でなかったら、
硬い便を出し切るまで強制的な方法を毎日行い(座薬や指など)

便秘に良い食品もとりつつ自然に近い排便リズムに
していくことを心がけました。




そりゃあ波はありますが、
徐々に排便リズムが整っていきます。




下剤はそれこそ癖になりやすく、
下剤に頼らないと出なくなってしまうので、
気を付けなければなりません。



医者にも、下剤は最後の手段だ、
と言われたことがあります。




長年常用してしまうと胃腸に負担がかかり、
腸壁も黒ずんでくるんだといっていました・・・。




恐いですよね・・・・。




そんなわけで私は一番安心な指をよく使います(笑)





蓄膿症を改善するためにも、
少しでも早く便秘が解消されると良いですね!









強制的に排便させる方法1 『座薬』 [ ●強制的に排便させるには?]

座薬は、経験上、強制的に便を出すには
とても効果的です^^



浣腸も良いですが、
浣腸だとどうも急激にお腹が痛くなってしまうので
個人的には座薬の方がじわじわと便意がきて好きです。


また、
下剤のように、いつ便意がくるかわからず 恐い・・・・というような不安もなく、
出したい時にだせる点で、良いと思います。



ただ、これだけに頼ってはいけません


食事や運動、マッサージなどと併用していくことで
便秘体質が改善されて最終的に蓄膿症の予防にも
なりますので。
(便秘に良い食品についてはこちら





座薬は、薬の働きで排便しやすくさせてくれるものですが、


肛門から直接入れるので、
それが刺激にもなってくれて出したい感がさらにアップします。



解熱剤や吐き気止めの座薬でも、
家の子供は排便したがります(笑)




入れる時ってなんか抵抗がありますが、
力を抜いて息を吐きながら入れると緊張がほぐれて
入れやすくなりますよ!


私は立ったままではなく、
床に寝転がり、くの字になって入れると入りやすかったです。



あとは、ベビーオイルを座薬の先に塗ると入れやすいですよ。









薬は使いたくない、という方は、
こちらの記事を参考にしてみてくださいね!
 ↓
強制的に排便させる方法2『直接指を入れる』







 

便秘改善には『食物繊維、乳酸菌、オリゴ糖、オリーブオイル』 [ ●便秘改善のための食品]

便秘改善のためには、
マッサージや運動に加え、
下記の食品を取り入れると効果的です。


※ひどい便秘の方は、
 強制的に排便させる方法を参考にしてみてください。
    ⇒(http://ninsintikunou.blog.so-net.ne.jp/2014-11-28-1




便秘改善にはとてもありきたりな食品ばかりですが、
どれも便秘にとっては良い働きをしてくれます。



とはいっても全部試すのは難しいので、
まずは家にあるものから試してみてはいかかでしょうか?^^



具体的にどのような働きをしてくれるのか、
簡単にまとめましたので参考にしてみてください。



まずは食物繊維。



食物繊維の働き



・食物繊維には水溶性食物繊維不溶性食物繊維があります。

 水溶性食物繊維(※水に溶ける)は水分を保持しながら

 他の消化物と混ざり合いながらどろどろねばねばになりながら
 腸壁を刺激し、蠕動運動を促します。
 

 
不溶性食物繊維(水に溶けない)は水分を吸収し膨張します

 膨張した分、便自体が大きくなるので
 蠕動運動を促すのです。
  
 
 
 おすすめのレシピは、フルーツグラノーラのヨーグルトがけです。美味しいですよ♪

 

   
(サプリで食物繊維を摂取したい方はこちらがおすすめです。)
      ↓
モリンガの小粒


 






乳酸菌の働き


・乳酸菌には腸の働きを整えて、悪玉菌の働きを抑える働きが
あります。


 人の腸内には善玉菌と悪玉菌、腸内環境によって悪玉にも
 善玉にもなる菌と合わせて100種類以上もの菌が生息しています。


 便秘気味だと腸内腐敗が進み、悪玉菌が増えてしまうので
 蓄膿症予防のためにもぜひ取り入れたいのが善玉菌である
 乳酸菌です。


 代表的なものではヨーグルト。


 美味しいし食べやすいので普段から摂取したい食品です。



 シリアルにヨーグルトはまさに黄金コンビですね(笑)





オリゴ糖の働き


・オリゴ糖は上記で取り上げた乳酸菌の一種である
 ビフィズス菌の餌となることにより、
 ビフィズス菌を増やすことが期待できるのです。

 ですから、ビフィズス菌入りヨーグルトに混ぜて食べると
 より効果が期待できちゃいます。




そして最後はオリーブオイル。





オリーブオイルの働き




・オリーブオイルを摂取することにより、オレイン酸が
 腸壁を刺激してくれる作用があるといわれています。


 また、大腸へいき、
 便と混ざりあってなめらかな便となり、
 排便されやすくなります。

 
 目安として大匙1杯くらいを摂取するのが良いそうです。


 抵抗のある方もいると思いますが、
 オレイン酸は動脈硬化などの予防(悪玉コレステロールを減らす)
 にもなったり、体内で酸化しにくいので、
 健康にも良いんですよ^^


 

 参考までに、
 便が長期間停滞しすぎてベトベト便になってしまう方や、
 便意はあるのになかなかひっかかってでてこない方に
 オリーブオイルはおすすめです。








以上、おすすめの4つの食品をご紹介しましたが、
便秘の状態がひどいとこれだけに頼っても出ません。



場合によっては強制的に排便させる方法と
併用して行うことで徐々に改善されていきます。


 

つまり、上から摂取するだけでなく、
下からも少しずつでも出していかないと
便秘はひどくなり、硬いどころか今度は粘土のようにベトベトになり
さらに出なくなっていきます・・・。(体験済みです・・)



文頭にも書きましたが、
下から(強制的に出す)の対策については
カテゴリから強制的に排便させるには?をご覧ください。







 
 

 




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます