消化の悪いもの ブログトップ

消化の悪いものをおおざっぱに覚えておく [消化の悪いもの]

消化の悪いもの、それは簡単にいえば、




・消化に時間がかかる。

・胃に停滞する時間が長い。

・胃に負担をかけるもの。



です。



消化の悪いものをすべて書き出すと混乱するし
何が良いのかわからなくなるので、

大ざっぱになんとなく覚えておけば良いと思います♪





あまりこだわりすぎて消化の悪いものを全く食べなくなると
逆に栄養が偏ってしまうので。




おおざっぱに書きます。



参考にしてみてくださいね!!



**********消化の悪いもの********** 



  ・油もの。 (天ぷらや揚げ物、油で揚げたお菓子など。)



  ・脂身の多い肉。 (ステーキ、霜降り肉など)



  ・食物繊維の多い野菜 (タケノコ、ゴボウ、さつまいもなど)





   それ以外に、イカ、タコ、貝類など。




*********************************************** 



ざっとこんな感じで覚えておけばよいと思います。




文頭にも書きましたが、消化が悪いからと言って
全く食べなくなってしまうと、
栄養が偏ってしまいます。




ですから、バランスを考えて、適度に摂っても良いと思います。




たとえば、揚げ物って食卓のおかずに当たり前にあるものです。



その揚げ物を欠かすことが難しければ、
とんかつにきゃべつを添えて、消化を助けてあげたりと
工夫をするとよいと思います。



なんとなくお店で添えてあるキャベツにも
ちゃんと意味があるみたいですよ!




キャベツには、
胃腸の粘膜を修復したり、消化吸収を助けてくれる働きがあるんですって!




胃腸薬に入っているビタミンUは、実はキャベツにも入っているです。



驚きですよね~!




脂身の多いサンマに、大根おろしが添えてあるのにも
理由があります。



大根には消化酵素が含まれいるので、消化の悪いサンマの消化を
助けてくれるんですね。




このように、消化の悪いものには少し工夫をしてあげると良いと思います!





ただ、よく噛むことをは実践して下さいね!




よく噛むと、胃腸の負担を少なるすることにつながります。

  ※詳しくはカテゴリの【よく噛むことが重要】をご覧ください。





ただ、蓄膿症が悪化しているときは、消化の悪いものは避けたほうがよいでしょう。




ただでさえ、具合が悪い上に、


消化の悪いものを食べるといつも以上に胃腸に負担をかけますし、
消化不良のまま吸収されてしまうことは蓄膿症からみても
よくありませんので・・・。




ぜひ、参考にしてみてくださいね!


消化の悪いもの ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます